ひなまつりに贈って喜ばれるお花の選び方と贈り方

桃の節句、ひなまつり。女の子のお祝いにお花のプレゼントは欠かせません。
おひなさまを飾って、ちらし寿司などのひなまつりディナーに、お花を添えてお祝いしませんか?
モノのプレゼントは誕生日やクリスマスに贈っているので、ひなまつりまでモノをプレゼントすると家中モノだらけになってしまいます。
女の子はお花が大好きです。普段目にしないような綺麗なお花をプレゼントされたら、大喜び間違いありません。
お花を贈ることで、モノをもらう以外にもお祝い方法があることが分かり、季節感など情緒を育むことにもつながります。
この記事では、ひなまつりに贈るお花のプレゼントについてご紹介します。
の良いお花のプレゼントの買い方も最後に記載していますので、ぜひひなまつりの日にはお花を添えてお祝いしてくださいね。

▼ 目次

ひなまつりに贈りたいお花 花束

ひなまつりに贈りたいお花 アレンジメント

ひなまつりに贈りたいお花の種類

ひなまつりに贈るお花はオンラインショップでの購入がおすすめ

まとめ

ひなまつりに贈りたいお花 花束

お花のプレゼントの定番である花束ですが、ひなまつりのお祝いで花束をもらったお子様が喜ぶこと間違いありません。
花束は小さい子でも抱えることができます。小さい花束は子どもでも気軽に持てますし、普通のサイズの花束でも身に余るほどの大きさになるのは小さいうちだけ。

また、花束は重複して贈られたとしても、まったく同じ花束が届いてしまうことはなかなかありえないので困りません。
おひなさまのそばに置く、お子様が花束をもってひなまつりの写真を撮る、という使い方ができるのが花束です。

ただ、花束はもらったあと花瓶に生ける必要があります。普段からお花を飾るお家であれば問題ないのですが、普段家に花や植物は飾らないというお家に花束を贈ると手間をかけてしまう可能性があります。
送り先の家に花瓶がなさそうな場合、手間をかけさせたくない場合は、次でご紹介するアレンジメントフラワーがおすすめです。

ひなまつりに贈りたいお花 アレンジメント

花束に次ぐお花のプレゼントの定番、アレンジメントフラワーもひなまつりに贈るお花のプレゼントの代表です。
アレンジメントフラワーは花束と違って、置いて飾ることができるのが何よりのメリット。
器を使って花を生けているので、器やリボンもそのまま、お花のプロのアレンジそのままを楽しむことができます。
アレンジメントフラワーは器に給水スポンジをいれてあるので重みがあるため、テーブルに置いて楽しむことが前提のプレゼントです。
リビングや食卓に置いて飾って楽しんでもらえるプレゼントなので、ひなまつりの食卓を彩るのに一役かってくれることでしょう。

ただ、アレンジメントフラワーは重いことと、ひなまつりのアレンジメントは桜や桃の花などの枝物が多いため、自分で運ぶのはちょっと不安。
オンラインショップを利用すれば、配送はもちろん、デザインの選択や支払いなどもまとめて対応できます。
お花のプレゼントを取り扱うオンラインショップを見極めるポイントがあります。詳細は後述する「オンラインショップでの購入がおすすめ」をご参照ください。

ひなまつりに贈りたいお花の種類

ひなまつりは「桃の節句」とも呼ばれており、女の子の成長を願う日です。
もともとひなまつりは、紙の人形を身代わりに穢れや自分の身体の悪いところを水に流す厄払いの行事でした。
そのため、ひなまつりに飾る花は魔除けになるもの、縁起がいいものが選ばれています。

ひなまつりに飾る花は、桃の花、橘、紅白の梅が代表的です。
桃の花は中国が原産で、昔から不老長寿の仙果と呼ばれていました。日本でも神話で化物に桃を投げて追い払ったという話もあり、古来より魔除けの意味を持ちます。

また橘は1年中緑の葉をつける常緑樹で、黄色い実が長くついているため縁起がいいとされています。おなじく縁起が良いとされている桜と橘は、ひな飾りとして対で飾るようになっていますね。
紅白の梅花も縁起がいいため、ひな飾りに取り入れたれたり家の中に飾られたりする花です。
ひなまつりに贈るお花のプレゼントには、伝統的にひなまつりに用いられる花の他にもチューリップや菜の花など春のお花を含めると、この時期ならでは柔らかい雰囲気のプレゼントになるのでおすすめです。
梅などの枝物も含めたひなまつりのお花は、普段見なれた花束とは一味違います。
ひなまつりに贈るお花のプレゼントは、春の花をふんだんに使って華やかなものを贈ってくださいね。

ひなまつりに贈るお花はオンラインショップでの購入がおすすめ

枝物も含まれるひなまつりのお花のプレゼントを購入するのは、配送までしてくれるオンラインショップを利用するのがおすすめです。

「ふだんお花屋さんに行かないためお花のプレゼントを注文しづらい」「注文と引き取りで2回お花屋さんに行くのは手間」という人にもオンラインショップはおすすめ。
また、3月は卒業シーズンでもあり、お花屋さんは混み合うため中々注文しづらいこともあるかもしれません。
オンラインショップであれば、予算、希望の花、お花のスタイルを選んで購入することができますし、ひなまつりの前には「ひなまつり特集」という特設ページを設定しているショップもあるので、普段お花を買わない人でもお花のプレゼントを選びやすくなっています。
メリットの多いオンラインショップですが、生鮮品であるお花のプレゼントは、プレゼントに値する質の良い花がきれいな状態で届くかがとても重要です。
せっかくひなまつりのお祝いでプレゼントを贈ったのに、オンラインショップで買ったお花のプレゼントが届いた時にはしおれていた、なんていう事態は絶対避けたいですよね。
安心してひなまつりのプレゼントを購入できるオンラインショップを選ぶポイントは

  • フローリストとしての営業歴の長い老舗を選ぶこと
  • 祝い花も取り扱っていること
  • 送ったお花のプレゼントの実物の写真を提供してくれること
この3点を満たすお花屋さんのオンラインショップを選ぶことです。

この3点を兼ね備えたお花屋さんの運営するオンラインショップであれば、質の良いお花を仕入れる目利きや、輸送時の品質保持といったスキルは十分あると言えます。
老舗であればお花の仕入れルートも確実ですし、ウエディングなどの祝い事や胡蝶蘭などの祝い花を取り扱っているお花屋さんであれば、デザインセンスはもちろんのことひなまつりにふさわしい女の子が喜ぶお花のプレゼントを手配できるでしょう。

また、手配したお花のプレゼント実物の写真を送ってくれる対応をしているという点は重要です。
制作物に責任を持っている証ですし、万が一届いたお花が崩れていた、萎れていたといったことがあった時に、配送業者のミスなのか出荷したお花屋さんのミスなのか、はっきりわかるため、贈る側として対応に安心感があります。

ひなまつりのプレゼントにするお花ですので、送り主が実際に贈ったお花がどんなものか知っているのは当然ですよね。
老舗であること、祝い花の取り扱いをしていること、実物写真の提供をしていること、この3点をみたすお花のオンラインショップから、ひなまつりのプレゼントを選んでみてください。

まとめ

ひなまつりは厄払いからはじまった行事ですが、昨今は春の訪れを知らせる時期に女の子の成長を祈る明るい行事となっています。
桃の花や桜、梅といったひなまつりのお花は、日本を表す花と行ってもいいほど伝統的な花です。女の子の幸せを願って古来より受け継がれてきたひなまつり。多くの家庭で春の訪れを感じるお花を飾りたくなる時期でもあり、お花のプレゼントは嬉しいものです。
この先も毎年幸せなひなまつりを迎えられるようお花を贈ってお祝いしてくださいね。