男子必見!2月14日はお花を用意してフラワーバレンタインに

最近、バレンタインデーは女性からチョコをもらうだけの日ではなくなってきていることをご存知ですか?
バレンタインデーといえば「女性がチョコレートをプレゼントすることで愛の気持ちを伝える日」というイメージが強いですよね。
ですが、彼女や奥さんからバレンタインのプレゼントを待つだけ、もらうだけって、ちょっと寂しくありませんか?

本記事では、世界的にポピュラーな「男女がお互いに気持ちを伝え合うバレンタイン」の方法をお伝えします。
バレンタインデーに2人の仲を深めるのにお役立てくださいね。

チョコを待つだけじゃなく花を贈ろう!フラワーバレンタインとは

バレンタインデーに女性がチョコレートを贈るのは、日本のお菓子業界がきっかけを作った日本独自の習慣、ということを知っている人も多いのではないでしょうか。

本来バレンタインデーは「愛の日」で、男女どちらからにとらわれず愛を伝える日とされれいます。
そのため海外ではバレンタインデーはチョコレート、という固定概念もなく、メッセージカードやプレゼントを贈って気持ちを伝えることが主流。
中でもお花は愛の気持ちを伝えるプレゼントのスタンダードなので、バレンタインデーは1年を通して世界で最も花が送られる日なんです。

そんなバレンタインデーを「大切な人に花を贈る日」とし、男性からも気持ちを伝えようというのがフラワーバレンタインです。
日頃はお花なんて照れ臭くて贈れない…という人も、「バレンタインデーだからお花を用意した」と気持ちを伝えるきっかけになります。
今年のバレンタインデーは彼女や奥さん、パートナーからのチョコレートを待つだけでなく、バレンタインデーにお花を用意して相手を喜ばせてみませんか?

フラワーバレンタインに用意したいお花 ミニブーケ

バレンタインデーの主役は女性からのチョコ!という風潮も強いので、海外の男性のように大きな花束を用意する、というのはちょっと相手を驚かせてしまいます。
そこでさりげなくバレンタインに用意するのにおすすめなのがミニブーケです。
小さめでも十分気持ちが伝わるのがお花の強み。
安いものだと500円からあり、高くても3000円代で十分華やかなミニブーケが手に入ります。
2月からは春にむけてお花の種類も豊富になるので、様々なミニブーケが出てきます。

お花屋さんで購入する場合は、

  • 店先にでているミニブーケから選ぶ
  • 色味と予算を伝えてミニブーケを作ってもらう
  • お花を選んで「この花でブーケをつくってください」という
という方法でOKです。

花屋はどうしても行きづらい…と言う場合は、オンラインショップで購入するという方法もあります。
オンラインショップであればじっくり選んで購入することができますし、バレンタインデー前日や当日をえらんで届くようにしておけば当日あわててしまうこともありません。

フラワーバレンタインに用意したいお花 ボックスフラワー

フラワーギフトとして人気が出てきているボックスフラワー。
リボンのかかったプレゼントボックスの中に生花がきれいに敷き詰められているのがボックスフラワーです。
箱やリボンまでふくめて一つのアレンジメントになっているので、プレゼントに最適なフラワーギフトです。
箱入りなので持ち運びもしやすく、持っていく最中にも持って帰ってもらう時にもお花が傷まないというメリットもあります。
ボックスフラワーだと安くても3000円代のものからが主流です。
ボックスフラワーはスマートにお花をプレゼントできるのでおすすめですが、実際のお花屋さんでは取り扱っていないところもあるので注意が必要です。
そしてお花屋さんで購入する場合は事前にボックスフラワーは対応しているか聞いた方がいいでしょう。事前に予約注文が必要ということもあります。
もしボックスフラワーのギフトをバレンタインデーに贈りたい、という場合はオンラインショップがおすすめです。

なぜなら、ボックスフラワーがどんな感じなのか、事前に色やデザインをみて選ぶことができ、バレンタインまでに自分の手元に用意することができるから。
バレンタイン当日のデートに持っていきやすいので、オンラインショップでの購入がおすすめです。

フラワーバレンタインに用意したいお花 アレンジメントフラワー

花束と並んでフラワーギフトの定番となっているアレンジメントフラワーは、かなりしっかりとしたプレゼントです。
バレンタインデーに贈るなら、お世話になった取引先の女性やお店宛に贈るのに適しています。
バレンタインデーという日をきっかけに、関係先の方へ感謝の気持ちとして贈るのであればアレンジメントフラワーがいいでしょう。

アレンジメントフラワーは、フローリストや使うお花によって様々なデザインがあるため、プレゼントとしての幅が広いです。
メッセージカードをつけたり器にもこってみたりして、贈り先で飾ってもらえるようなアレンジメントを贈ると喜ばれます。
バレンタインなので、とお花を持参しても日頃の感謝が伝わりますし、オンラインショップを利用して直接送り届けてもらうのもアリです。

恋人や夫婦という間柄でバレンタインにアレンジメントフラワーを用意すると、ちょっと改まりすぎのような感じが出てしまうので、アレンジメントフラワーではなくブーケのほうがいいですね。
ビジネス上の付き合いでバレンタインの贈り物をする時に、アレンジメントフラワーを選んでくださいね。

フラワーバレンタインのお花はオンラインショップがおすすめ

バレンタインのお花を買う時は、オンラインショップでじっくり選んで買うのがおすすめです。
ミニブーケであれば、ふらっと立ち寄ったお花屋さんで買うことも可能ですが、お花屋さんで細かなオーダーをしづらい人も多いと思います。
オンラインショップであれば、予算、希望の花、仕上がりを確認して購入することができるので、お花のプレゼントが買いやすいです。

またバレンタインにお花を買いに行くのは、なれないとちょっと勇気がいりますよね。
オンラインショップであればバレンタインデーに自分の自宅に届けてもらって持参することも可能です。

便利なオンライン通販ですが、お花を取り扱うオンラインショップ選びにはポイントがあります。
お花は生鮮品なのできれいな状態で届くかが重要です。

安心してフラワーギフトを購入できるオンラインショップを選ぶポイントは

  • フローリストとしての営業歴の長い老舗を選ぶこと
  • ウェディングフラワーも取り扱っていること
  • 送ったフラワーギフトの実物の写真を提供してくれること
この3点を満たすフローリストのオンラインショップであれば品質は問題ありません。

なぜならこの3点を兼ね備えたフローリストの運営するオンラインショップであれば、お花の目利きや輸送時の品質保持といったスキルは十分だからです。
老舗であり、ウェディング会場の装花も取り扱っているフローリストであれば、デザインセンスはもちろんのこと、大量注文でも品質は落ちないでしょう。

また実物のフラワーギフトの写真を送るのは、制作物に自信を持っている証拠です。
万が一の場合があった時に配送業者のミスなのか出荷したフローリストのミスなのか、はっきりわかる体制を取っているため、対応に安心感があります。
オンラインショップでバレンタインのフラワーギフトを購入する際は、老舗フローリスト、ウェディングの取り扱い、実物写真の提供、の3点を兼ね備えているかチェックして、間違いないフラワーギフトを用意してくださいね。

まとめ

バレンタインデーは、女性からチョコレートやプレゼントがもらえるという男性にとって楽しみな日ですよね。
ですが、バレンタインデーだからといって男性がただチョコをまっているだけ…というのも、ちょっと味気ないのではないでしょうか。

女性はアクセサリーやスイーツと同じくらい、男性からお花を贈られるのを喜ばしく思っています。
親しい関係をこれから先もずっと続けるためにも、今年のバレンタインデーはお花を用意してフラワーバレンタインにしてみませんか?