父の日に花を贈る!プレゼントするお花の選び方と贈り方

父の日は、なぜか母の日よりちょっとお祝いを忘れがちにならないでしょうか?

「父の日に何か贈りたいけど、物じゃない何か別のものを贈りたい」「母の日の定番は赤いカーネーションだけど、父の日はなにか定番の花ってあるのかな?」「今年の父の日は会いに行けないから花を贈りたいけど、どんな花がいいんだろう?」父の日の贈り物にはこんな悩みがありますよね。
父の日に贈るお花の色は、黄色が定番になりつつあります。日本ファーザーズデイ委員会が毎年父の日に「ベスト・ファーザー・イエローリボン賞」を選出していることから、黄色いお花がプレゼントされるようになりました。
それに基づき、この記事では父の日に贈るのに適した黄色いお花のプレゼントについてまとめました。
良いお花のプレゼントの買い方も最後に記載していますので、ぜひ素敵な父の日を過ごすために役に立ててくださいね。

▼ 目次

父の日に贈りたいお花 黄色い花で花束

父の日に贈りたいお花 黄色の花でアレンジメント

父の日に贈りたいお花 観葉植物、鉢植え

父の日に贈るお花はオンラインショップでの購入がおすすめ

まとめ

父の日に贈りたいお花 黄色い花で花束

花束は男性が女性に贈るもの、というイメージも強いですが、男性ももらうとうれしいものです。
お花のプレゼントの定番、花束のプレゼントは父の日にも最適。家族から贈られる花束は格別です。

父の日に贈る花束に使う人気のお花は、黄色のバラ、ガーベラ、ひまわり。
バラであれば黄色いバラを中心に他の花を組み合わせると父の日に贈りやすい花束になります。
ガーベラは黄色以外にも色が豊富なので色とりどりの花束にすることが可能。

また、ひまわりは気取らない親しみやすさから父の日に贈りやすいので人気のお花です。
花束は価格帯も広くミニブーケであれば1000円ほどから贈ることができるので、贈る小物にプラスするという贈り方もできます。
まずはちょっとしたお花のプレゼントをお父さんに贈りたい、という場合は花束をプレゼントしてみてくださいね。

父の日に贈りたいお花 黄色の花でアレンジメント

花束に次ぐお花のプレゼントの定番、アレンジメントフラワーも父の日にプレゼントするのに適しています。
花束と違い、アレンジメントフラワーは器を使って花を生けているので花瓶は不要。リボンなどの装飾もそのまま置いて飾ることができます。
お花のプロのアレンジを崩すことなく楽しめるので、忙しいお父さんも気軽にお花を楽しめます。
花束同様、黄色いバラやひまわりを中心とした父の日仕様でアレンジメントをオーダーすれば、完璧な父の日のプレゼントです。

1つアレンジメントフラワーを贈る時に留意しておきたきたいのが、重さ。
水を吸わせたスポンジを使って花を生けている分、アレンジメントフラワーは重さがあります。
お花屋さんで買って持ち歩くと水がもれてしまう危険もあり、もらったお父さんが持ち帰る時に手間をかけてしまう可能性があるので、アレンジメントフラワーを父の日に贈る場合は配送をお願いしてください。

逆を言えば、アレンジメントフラワーは配送が適しているプレゼントなので離れて暮らすお父さんへの贈り物に適しています。
単身赴任しているお父さんや、実家のお父さんには、ぜひアレンジメントフラワーをプレゼントしてみてくださいね。
オンラインショップを利用すれば、アレンジメントの内容や送料、到着日などもまとめて対応できます。
オンラインショップで質の良い花を手に入れる方法は、後述する「オンラインショップでの購入がおすすめ」をご参照ください。

父の日に贈りたいお花 観葉植物、鉢植え

お花やお庭の手入れが趣味である植物好きなお父さんに贈るなら観葉植物などの鉢植えがおすすめです。
鉢植えは維持に手間がかかりますが、重厚感のあるものから華やかなもの、カジュアルなものまで幅広く選ぶことができます。

たとえばラッキーバンブーと呼ばれるミリオンバンブー(ドラセナサンデリアーナ)や、梅や松の盆栽などは、インテリアにもなり植物が好きなお父さんに喜ばれる贈り物です。
鉢植えは花束やアレンジメントフラワーよりも断然長く楽しむことができますし、なにより鉢植えには「育てる楽しみ」があります。手を掛けることで元気な姿を長く楽しめるのはとても嬉しいものです。
小さめの鉢であればお花屋さんで買って手渡しすることも可能ですが、大きめで重厚感のある鉢植えの場合、車で運ぶ必要があります。

また鉢植えは入荷が不定期なことが多く、時期やお店によって品揃えが異なります。事前に予約が必要なことも多く、気に入る鉢がなかなかないという事態もありえるんです。
そこで父の日に遅れることなく素敵な鉢植えをプレゼントするならオンラインショップの利用がおすすめです。
父の日に品質のよい鉢植えを選ぶには、後述する「オンラインショップでの購入がおすすめ」をご参照くださいね。

父の日に贈るお花はオンラインショップでの購入がおすすめ

父の日に贈るお花のプレゼントのうち、持ち運びのしづらいアレンジメントフラワー、鉢植えはオンラインショップを利用してお父さんの自宅へ配送してもらったほうが安心です。
お花屋さんでは父の日のお花を買いづらい、お花屋さんでオーダーするのは緊張する、離れて暮らすお父さんにお花を贈りたい、という人もオンラインショップがおすすめです。
オンラインショップであれば、予算、希望の花や鉢、仕上がりを確認して購入することができますし、父の日は「父の日特集」と特設ページを設定しているショップが多く、普段お花を買わない人でもお花のプレゼントを選びやすくなっています。
「黄色いバラをメインにして、他にいろんな色で…」といったオーダーも不要で、オンラインショップの画像から選ぶだけなので簡単に父の日のプレゼントを決めることができます。
メリットづくしのオンラインショップですが、お花のプレゼントを取り扱うオンラインショップはどこでもいいわけではありません。
お花は生鮮品なので、プレゼントに値するきれいな状態で届くかがとても重要。
お花のプレゼントをオンラインショップで買ったけど、お父さんのところに届いた時にはしおれていた、なんていう事態は絶対避けたいですよね。
安心してお花のプレゼントを購入できるオンラインショップを選ぶポイントは

  • フローリストとしての営業歴の長い老舗を選ぶこと
  • 祝い花も取り扱っていること
  • 送ったフラワーギフトの実物の写真を提供してくれること
この3点を満たすお花屋さんのオンラインショップであれば、父の日のお花のプレゼントを購入しても満足度が高い可能性大です。
なぜならこの3点を兼ね備えたお花屋さんの運営するオンラインショップであれば、お花の目利きや輸送時の品質保持といったスキルは十分といえるから。
老舗であり、ウェデイングや胡蝶蘭などの祝い花をも取り扱っているお花屋さんであれば、デザインセンスはもちろんのこと、高品質なお花の取り扱いに慣れています。

また、手配したお花のプレゼント実物の写真の提供は、制作物に自信を持っている、製品管理をしっかりしている証拠です。
万が一の場合があった時に配送業者のミスなのか出荷したお花屋さんのミスなのか、はっきりわかる体制を取っているため、贈る側として対応に安心感があります。
プレゼントにするお花ですので、実際に贈ったお花の写真をみながら「届いた?」と連絡したほうが、離れて暮らすお父さんとの話も弾むに違いありません。
特に離れて暮らすお父さんにお花のプレゼントを贈る時の注意点ですが、サプライズだからとプレゼントが届くことをお父さんに秘密にしておくのはやめておきましょう。
お花の品質を落とさないため、到着日を伝え、確実に受け取ってもらえるようにしてくださいね。

まとめ

ついおろそかになりがちな父の日ですが、お母さん同様家族のために頑張っていることに変わりはありません。父の日もお花をプレゼントしてさりげなく感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。
男性は普段お花をもらうことがない分、もらうと驚きと喜びはひとしお。
口下手なお父さんだと、口では何も言わなかったり、貰っても口数少なくなってしまうかもしれませんが、実は内心とっても喜んでいるものなんですよ。

父の日のお花のプレゼントにも、黄色いお花を中心に花束、アレンジメント、鉢植えなど、いろいろなプレゼントの方法があるので、予算にあうもの、お父さんに合うもの、など選択肢は豊富です。
今年の父の日は、ぜひ黄色いお花をつかったお花のプレゼントを贈ってみてくださいね。