ガーベラの花言葉 色別の意味と最適な贈るシーンを解説

ガーベラの花言葉 色別の意味と最適な贈るシーンを解説

一度は目にしたことはあるけれど、意外と名前を知らない人もいるお花、ガーベラ。

ガーベラはお花のプレゼントをする時によく選ばれるお花で、色や大きさが豊富でややカジュアルさもあるお花です。
お花の贈り物によく使われるガーベラですが、花言葉はご存知でしょうか。
ガーベラは上品な中にもかわいらしさ、爽やかさを持ち合わせており、様々なシーンで贈られるお花の贈り物に用いられています。
そこでこの記事では、ガーベラを贈る時に知っておきたいガーベラの花言葉についてまとめました。どんなシーンににどんなガーベラを贈るのが適しているか具体例もあげてみましたので、あなたの贈り物にぜひご参考にしてください。

▼ 目次

ガーベラ全般の花言葉

ガーベラの色ごとの花言葉

ガーベラの本数によって違う花言葉

花言葉はないけど… 多様な咲き方のガーベラ

シーン別 ガーベラの花言葉に合わせたプレゼントシーン

花言葉を込めて プレゼントに適したガーベラの贈り方

まとめ

ガーベラ全般の花言葉

ガーベラは菊科のお花で、細長い花びらを水平に伸ばした花。ガーベラの花全般に対する花言葉は

  • 希望
  • 常に前進
  • 前向き
西洋では「美」を意味することもあります。きれいに整列した花びらと、一輪でも凛と上を向くガーベラの姿を象徴する花言葉です。

ガーベラの色ごとの花言葉

ガーベラは様々な品種があり、品種改良によって色も様々です。そしてもちろんガーベラの色によっても花言葉が違います。

  • 赤いガーベラ 神秘 燃える神秘の愛 限りない挑戦
  • 黄色いガーベラ 究極美 究極愛 親しみやすさ
  • 白いガーベラ 希望 律儀
  • オレンジのガーベラ 神秘 冒険心 我慢強さ
  • ピンクのガーベラ 感謝 崇高美 童心に返る
  • 青いガーベラ 神秘
ガーベラにはレインボーカラーや紫のありますが、定まった花言葉はありません。

ガーベラの本数によって違う花言葉

ガーベラはポピュラーなお花であり、かつ贈り物に最適なお花だったため、本数にも意味がこめられています。

  • 1本 あなたが運命の人
  • 3本 愛しています
  • 4本 一生愛し続ける
  • 6本 あなたに夢中です
  • 8本 思いやりに感謝
  • 9本 いつも一緒にいたい
  • 11本 最愛
  • 12本 恋人(奥さん)になってください
  • 15本 ごめんなさい
  • 16本 不安な愛
  • 17本 絶望の愛
  • 40本 あなたに永遠の愛を誓います
  • 50本 永遠
  • 99本 永遠の愛
  • 108本 結婚してください
プレゼントする際は、15本や16本、17本は避けた方が良いですね。12本はプロポーズによく使われる幸せになれる本数として知られています。

花言葉はないけど… 多様な咲き方のガーベラ

ガーベラは品種が多く、いろいろな咲き方のあるお花です。花言葉はありませんが、ガーベラを選ぶ際に知っておくとお花を選ぶ助けになるのでご紹介します。
ガーベラは花びらのサイズによって、マイクロミニ、ミニ、大輪の3サイズがあります。

  • マイクロミニ 約3センチ
  • ミニ 約4センチ
  • 大輪 約12センチ
どれもまっすぐ伸びた茎の先に花をつけます。ガーベラの種類によって咲き方にも種類があり
  • 一重咲き 一番スタンダードな咲き方。いわゆるお花の絵で描ける花びらの層が少ない咲き方
  • 半八重咲き セミダブルとも呼ばれる、外側に細長い花びら、中心に細かな花びらが密集しているもの
  • 八重咲き フルダブルとも呼ばれ、外側から中心に向かってぎっしりと花びらがあるもの
この3種が、ガーベラのスタンダードな咲き方です。他にもスパイダー咲き、ポンポン咲きなどの変わった咲き方をするものもありますが、いずれも咲き方の種類によって花言葉は定まっていません。

シーン別 ガーベラの花言葉に合わせたプレゼントシーン

ガーベラは色や大きさ、花びらの付き方など種類が豊富なので、カジュアルから品のあるものまでアレンジの選択肢が広いです。

そんなガーベラの贈り物に花言葉で意味を込めれば、より素敵な贈り物になります。どんな時にどんなガーベラを送れば良いのか、具体的な例をあげてみました。
ガーベラを使ったお花の贈り物に是非、参考にしてくださいね。

例えばプロポーズの時は、赤い大輪のガーベラ12本。特に12本という本数はプロポーズではよく用いられる本数なのでおすすめです。12本には12の誓いが込められており、感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠を意味しています。12本のバラは結婚式での演出やブーケにも用いられるためプロポーズでは避けたい、バラではちょっと気取りすぎかな、という方は、ガーベラを選んでみてください。

お付き合いのあるパートナーへの誕生日プレゼントなら、3本(愛しています)、4本(一生愛し続ける)、6本(あなたに夢中です)、9本(いつも一緒にいたい)、11本(最愛)がいいでしょう。ガーベラの色は黄色や白、ピンクで少しポップなイメージで作ると誕生日に相応しい花束に親愛の気持ちを忍ばせることができます。

親友や親しい先輩にお花を贈る時には、黄色(親しみやすさ)や白(希望)、オレンジ(冒険心)、ピンク(感謝)を色とりどりで、いれると信頼している気持ちや、友情を伝えることができますね。また、大きさもミニから大輪までバランス良くいれるとよりカジュアルなイメージになります。

もし会社の同僚や先輩の異動祝いであれば、同じく黄色、白、オレンジの中から1色でまとめ、大輪サイズのガーベラを選べば、上品で格のある雰囲気が出るのでおすすめです。
また父の日には日本ファーザーズ・デー委員会がイエローリボンキャンペーンを推進する中で黄色いお花を贈ることが根付きつつあります。黄色のバラがスタンダードになりつつありますが、黄色いガーベラもぴったりです。8本(思いやりに感謝)のガーベラを父の日のプレゼントに添えると粋な演出になりそうです。

花言葉を込めて プレゼントに適したガーベラの贈り方

お花の贈り方には花束や置いて飾れるアレンジメントフラワーなど、様々な方法があります。
ガーベラは色やサイズが豊富なため、花束でもアレンジメントでも使い勝手のよいお花。
色ごとの花言葉はすでにお伝えしましたが、ガーベラは中心の色(芯)でも雰囲気が変わります。
芯が黒いもの、芯が白めのものの2種類があり、白い芯のものだとかわいらしく爽やかなイメージに、黒い芯のものだと重厚感のある仕上がりになるので贈りたいシーンに合わせて選んでください。
ガーベラはスラっと長い茎をもっており切り花に適した花なので花束、アレンジメントフラワーどちらにも適したお花です。
ガーベラの花言葉をふまえて花束にしてもらうと、送別会、プロポーズなどに最適です。花束をプレゼントにする品物に添えると一段上のプレゼントになります。その際はガーベラをミニブーケにしてもらってくださいね。

また、置いて飾ることができるアレンジメントフラワーは、お祝い花に適しています。お世話になっているお店へのちょっとしたお祝い、テーブルに飾る花をプレゼントするなら、ガーベラを使ってアレンジメントフラワーにしてもらうと様々な雰囲気に対応した贈り物にできます。また、アレンジメントフラワーであれば、配送対応をしているお花屋さんがほとんどなので、持参する手間も省けます。

まとめ

ガーベラは他の花との相性も良く、様々な種類が開発されてきました。お花屋さんに並ぶ時期も長く、いろんなシーンに送られてきたお花です。
ガーベラは愛の告白にはもちろん、友情や親愛を表したい多くのシーンに対応できるオールマイティーなお花。花びらの色や形状、芯の色など、豊富なバリエーションでどんな場面にも適したイメージを作ることができます。
ガーベラはあなたの気持ちを表現できるお花です。ぜひガーベラの花言葉を生かして、あなたの気持ちをしっかりと伝えてくださいね。