古希や喜寿を迎えるおじいちゃんの誕生日に贈るお花の選び方

おじいちゃんの今度の誕生日が古希(70歳)と喜寿(77歳)と節目だから記念にお花を用意したいけど、どんなお花を用意しよう?

長生きしてくれているおじいちゃんの節目の誕生日、記念になる最高のお花を贈りたいですよね。 でも「古希(70歳)、喜寿(77歳)って、古くから続く文化だけど何か決まりとかあるのかな?」「送ってはいけない花とか選んではいけない色はないのかな?」など、おじいちゃんの大切な人生の節目にプレゼントする花だからこそ気になることもあります。

この記事ではおじいちゃんの古希、喜寿の誕生日のプレゼントするお花の選び方をご紹介します。おじいちゃんの心に残るお花をプレゼントして、最高の日にしてくださいね。

▼ 目次

おじいちゃんの誕生日が古希、喜寿の場合にプレゼントするお花は注意が必要

おじいちゃんの古希・喜寿の誕生日に贈るべきお花の色

おじいちゃんの誕生日プレゼントに選んではいけないお花

おじいちゃんの古希・喜寿の誕生日に喜ばれるお花のプレゼントの種類

おじいちゃんの古希・喜寿の誕生日に定番の花束をプレゼントする

おじいちゃんの古希・喜寿の誕生日に置いて飾れるアレンジメントフラワー

おじいちゃんの誕生日プレゼントに鉢植えはNG?

おじいちゃんの古希・喜寿の誕生日プレゼントのお花の買い方注意点

老舗のフラワーショップでお花のプレゼントを買う場合

オンラインショップでおじいちゃんの古希・喜寿お花のプレゼントを買う場合

まとめ

おじいちゃんの誕生日が古希、喜寿の場合にプレゼントするお花は注意が必要

おじいちゃんの誕生日が古希、喜寿であれば、プレゼントするお花選びには注意が必要です。おじいちゃんの誕生日が古希や喜寿などの長寿の節目以外ならどんなお花を選んでも大丈夫なのですが、せっかくの昔から長寿のお祝いとされてきた節目、いわば特別な誕生日です。

ちなみに長寿のお祝いをする年齢は以下の通り。この長寿の節目をまとめて賀寿と呼びます。

  • 60歳…還暦(かんれき)
  • 70歳…古希(こき)
  • 77歳…喜寿(きじゅ)
  • 80歳…傘寿(さんじゅ)
  • 88歳…米寿(べいじゅ)
  • 90歳…卒寿(そつじゅ)
  • 99歳…白寿(はくじゅ)
  • 100歳…桃寿(ももじゅ)

おじいちゃんの誕生日がこの年にあたる時は、人生の節目を祝う特別におめでたい日。 おじいちゃんの特別な節目が幸せな1日となるように、お花選びで気をつけるべきことがあります。

おじいちゃんの古希・喜寿の誕生日に贈るべきお花の色

賀寿にはそれぞれの節目を象徴する色がありますが、古希・喜寿の色は濃い紫や紺です。紫は昔とても高貴な色とされ、紫衣は古くは朝廷からの許しをもって身につけることが許されたというほどの格式高い色。おじいちゃんの古希・喜寿のお誕生日は、そんな高貴な紫色に値するほどめでたい、ということなのです。おじいちゃんの古希・喜寿のお誕生日にはぜひ、紫や紺などの色の花を選んでお祝いしてくださいね。

おじいちゃんの誕生日プレゼントに選んではいけないお花

おじいちゃんの古希・喜寿の誕生日祝いには紫や青のお花が良いのですが、合わせるお花にも注意が必要です。高齢であるがゆえに、紫や紺のお花に白色をあわせるとお葬式のお花のように見えてしまいます。他にも仏花を思わせるような小菊や輪菊さけたほうが無難です。他にも枯れるとポトリと花が落ちる様子が首が落ちる様に似ていると言われる椿は、武士が嫌う花として知られていました。おじいちゃんのお誕生日には選ばないほうが良いでしょう。

また、いくら紫色でも、紫の菊の花はお供え花によく使われるため仏花のイメージが強いです。おじいちゃんの古希・喜寿のお祝いにおすすめのお花は、ムーンダストという青いカーネーション。色のバリエーションが青に近い紫から水色のような薄い紫と豊富で、花びらも多く華やかなお花です。

おじいちゃんの古希・喜寿の誕生日に喜ばれるお花のプレゼントの種類

お花は定番のプレゼントである一方で、手入れが必要だったり時間が立つと枯れてしまったりと、プレゼントする時ちょっと考えてしまう一面もありますよね。 またおじいちゃんの年を考えると、手入れに手間がかかるお花をプレゼントするのも考えもの。 おじいちゃんが古希・喜寿を迎えたという人生の節目である誕生日にプレゼントするのに最適なお花についてご紹介します。

おじいちゃんの古希・喜寿の誕生日に定番の花束をプレゼントする

おじいちゃんの古希・喜寿の誕生日に花束を贈る場合、お祝いごとにふさわしい華やかなものがおすすめです。

人生の節目とも言える特別な誕生日ですので、ミニブーケよりは定番の花束で盛大にお祝いするほうが適しています。

おじいちゃんの古希・喜寿の誕生日に置いて飾れるアレンジメントフラワー

花束と並んで人気なお花のプレゼントが、アレンジメントフラワーです。 花束と違ってテーブルにそのまま置ける状態で見栄えがするようにアレンジされていますし、古希・喜寿といった特別なお祝いごとにふさわしい華やかなデザインにしてもらうことも可能。 バスケットや陶器の鉢などにお花を生けてあるため、そのまますぐに飾ることができるのもおすすめポイントです。 アレンジメントフラワーは給水スポンジを利用しているので、お手入れもスポンジが乾かないようにお花の隙間からお水をあげるだけと簡単。 花瓶に生けないので水が溢れる心配がないため、おじいちゃんも安心して楽しむことができます。

おじいちゃんの誕生日プレゼントに鉢植えはNG?

病院のお見舞いに敬遠される鉢植えのお花ですが、健康に問題なく元気で、手入れが好きなおじいちゃんなら贈っても問題ありません。 古希や喜寿のお祝いを盛大にする場合、鉢植えの胡蝶蘭をプレゼントする、というのもひとつです。 あまり仰々しくないミディアムサイズの胡蝶蘭もあるので、ぜひチェックしてみてください。 プレゼントにはもちろん、居間や玄関におくのにぴったりなのでお祝い後も長くおじいちゃんに楽しんでもらえます。
古希・喜寿にあなたがプレゼントした鉢植えの花が、長くおじいちゃんに大切にされたら嬉しいですよね。

おじいちゃんの古希・喜寿の誕生日プレゼントのお花の買い方注意点

古希・喜寿のお祝いは特別であり、大切なお祝いであるとお伝えしました。 おじいちゃんにとって古希・喜寿にふさわしいムーンダストのお花でお祝いしたいけど、普段お花を買わない人にとっては、どうやって買うかから迷うものです。 そこでお祝い時に贈る花を失敗せず購入するために知っておくべきポイントをまとめました。

老舗のフラワーショップでお花のプレゼントを買う場合

古希・喜寿にふさわしいお花であるムーンダストという青いカーネーションは、希少性が高く、色のバリエーションを取り揃えて仕入れができるお花屋さんでないとお祝いにふさわしいプレゼントにならない危険があります。また遠方への配送となった場合でも、老舗のお花屋さんなら日持ちの良い花をバランス良く取り入れ、可能な限り美しい状態で届くよう手配してくれます。ちなみにムーンダストは普通のカーネーションの1.5倍ほど日持ちがするので、特別なお祝い花を通販するのに最適なお花。ですから、おじいちゃんの古希・喜寿のお花のプレゼントをお花屋さんで購入する場合は、できるだけ老舗のフラワーショップで、ムーンダストの取り扱いがあるところを選ぶと間違いがないでしょう。長く営業しているお花屋さんであれば質の良い花を仕入れるルートも確立しており、還暦をはじめとした賀寿のお祝いにも慣れています。花束でもフラワーアレンジメントでも、おじいちゃんの古希・喜寿にふさわしいものを用意してくれるでしょう。そしておじいちゃんの古希・喜寿の誕生日ともなると、祝宴や食事会を開いて親族で祝うということも少なくありません。会食の場へお花を配達するのも、老舗のお花屋さんであれば対応可能です。おじいちゃんのお誕生日当日に間に合うよう、一週間前には注文するようにしてくださいね。

オンラインショップでおじいちゃんの古希・喜寿お花のプレゼントを買う場合

「離れて暮らすおじいちゃんに古希・喜寿のお祝いにお花を贈りたい」「プレゼントするお花を買いに行く時間がない」という時にオンラインショップを利用する方も多いと思います。 古希・喜寿というおじいちゃんの人生の節目にふさわしいお花がプレゼントできるよう、以下の点に注意してください。

  • 古希・喜寿にふさわしい紫・紺色の花(ムーンダストなど)の取り扱いがあること
  • 長寿祝いのお花の取り扱いがあること
  • メッセージが付けられること
  • 老舗フラワーショップが運営していること

生花という言葉に表されるように、お花は生物です。 ムーンダストのような高価なお花を、美しい状態を保ったまま輸送するにはそれなりの知識と技術が必要です。 お花のプロとして長く営業している、老舗フラワーショップが運営するオンラインショップを利用すれば、写真と違った貧相なお花が届いた、お花がしおれていた、というようなリスクを限りなく減らすことができます。 また、オンラインショップのメリットは事前にじっくりと選ぶ時間をとれること。 お花屋さんごとにアレンジメントや花束のセンスを比較することもできるので、おじいちゃんの特別なお誕生日にふさわしいお花を、納得するまで選べるのもおすすめなポイントです。 離れて暮らすおじいちゃんの自宅にお花を贈る場合は、到着日時を伝えたりおじいちゃんの都合の良い時間を聞く、などの気遣いも忘れないでくださいね。

まとめ

おじいちゃんを大切に思うからこそ、古希、喜寿のお祝いに何を贈ろうか迷うものです。 様々なプレゼントがありますが、普段お花をもらうことがないからこそ、お花を添えたプレゼントは嬉しいもの。 ましてや家族や親族からの贈り物であればなおさらおじいちゃんは嬉しいことでしょう。 高齢になったおじいちゃんにとって、親族や家族の顔を見て話すことはどんなプレゼントよりも嬉しいものです。 人生の節目の特別な誕生日、古希・喜寿には、おじいちゃんに手渡しであなたが選んだお花をプレゼントしてあげてくださいね。 「忙しいし、これまで大したお祝いもしてこなかったけど、おじいちゃんの長寿の節目には何かお祝いしたい」という人も、この機会にぜひオンライン通販を利用してお花をプレゼントしてみてください。

ムーンダスト特集はこちら